英単語かるたを手作りして英語を楽しく勉強しよう

商品紹介

無地かるたご注文承り中

すぐに無地かるたをご購入の際はこちらからご注文ください。

「無地かるた」ご注文受付中


無地かるた専用サイト

無地かるたのより詳しい情報を確認したい方はこちらから。

「無地かるた」専用サイトはこちらから


 

単語学習ゲーム説明

ゲーム概要

「単語学習ゲーム」は、子どもたちが楽しみながら言語学習を進めるためのゲームです。このゲームでは、無地のかるたカードに数字やアルファベット、イラストなどを書き込み、それに対応するアルファベットやイラストを選んでマッチングさせる活動を行います。

 

目的

  • 子どもの言語学習の促進
  • 数字やアルファベットの認識力向上
  • 楽しみながら学ぶことの喜びを体感

 

対象年齢

3歳以上

 

必要なもの

  • 無地のかるたカード(「イラスト札」用 30枚~、「単語札」用 30枚~)
  • マーカーや色鉛筆
  • アルファベットや数字のリスト
  • イラストの参考資料(動物、食べ物、乗り物など)

 

準備

カードの作成

イラスト札の作成

  • 無地のかるたカードに、各アルファベットや数字に対応するイラストを描きます。例えば、「A」に対応するイラストとして、りんごの絵(Apple)を描きます。同様に、「B」にはボール(Ball)の絵を描くなど、すべてのアルファベットや数字に対してそれぞれ対応するイラストを描きます
  • イラストは、子どもたちが理解しやすいように、シンプルでわかりやすいものにしましょう。カラフルな色を使うことで、子どもたちの興味を引きやすくなります。

単語札の作成

  • イラスト札に対応するアルファベットや単語を書きます。例えば、「A」には「A」または「Apple」と書きます。単語札には、はっきりと見やすい文字で書くことが重要です。
  • 単語札は、対応するイラスト札とペアになるように作成します。例えば、「りんご」のイラスト札には「Apple」と書かれた単語札が対応します。
  • 単語札には、単語の発音も記載すると、親が読み上げる際に参考になります。例えば、「Apple (アップル)」と書くことで、正しい発音を教えることができます。

カードのペアリング

作成したイラスト札と単語札をペアにします。すべてのイラスト札と単語札が対応するように確認し、不足やミスがないようにしましょう。
各ペアのカードをしっかりと混ぜ、ゲームを始める準備を整えます。

カードの保管

作成したカードは、使用後にしっかりと保管するために、専用のケースや袋を用意しましょう。これにより、カードの紛失や破損を防ぐことができます。

 

ルール

役割の分担

プレーヤーと「親」に分かれます。「親」は単語札を読み上げる役割を担います。

カードを並べる

イラスト札をオモテを向けた状態でテーブルに並べます。

単語札を読み上げる

「親」は順番に単語札を読み上げます。単語札にはアルファベットや単語が書かれています。

イラスト札を取る

プレーヤーは、読み上げられたアルファベットや単語に対応するイラスト札を見つけて取ります。

マッチング成功

正しいイラスト札を取った場合、そのカードを獲得できます。間違った場合、カードを元に戻し、次の単語札に進みます。

ゲームの終了

全ての単語札が読み上げられ、対応するイラスト札が取られた時点でゲーム終了です。最も多くのイラスト札を持っているプレーヤーが勝者です。

 

ヒント

  • ゲームを進めながら、正しい発音やスペルを教えることで、子どもたちの理解が深まります
  • イラストを描く際には、子どもたち自身に描かせると、より興味を引き出すことができます

 

注意点

  • 小さなパーツや尖った道具の取り扱いに注意し、安全に配慮してください。
  • 子どもの理解度やペースに合わせてゲームを進めるよう心がけましょう

この「単語学習ゲーム」を通じて、子どもたちが楽しみながら自然に言語を学び、遊びの中で成長していく姿を見守りましょう!

 

 


以上、『【無地かるた】「単語学習ゲーム」子どもたちが楽しみながら言語学習を進められる!?!無地かるたを使って簡単にできる新しい遊び方!!』という記事をお届けしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事を読んで疑問・質問がございましたら、下記よりお問い合わせください。

無地かるたのお問い合わせはこちらから


 

無地かるたをご購入の際はこちらからご注文ください。

「無地かるた」ご注文受付中

無地かるたのより詳しい情報を確認したい方はこちらから。

「無地かるた」専用サイトはこちらから

タイトルとURLをコピーしました